FPの合格率を漏れなく表示、解説します

FPの資格が、「持っていると就職が楽になる」とよく噂になり、
「FPの合格率はいったいどれくらいなのか?」とよく噂されるようになりました。

実はFPの合格率には、合格を占う材料が潜んでいるので、調べるときはよく調べたほうが正解でもあります。

とはいえ、FPの合格率を漏れなく、わかりやすく解説するサイトは
ほとんどないようですからこの場を使って説明していこうかと思います。

ところでFPの合格率を調べる理由といったらおそらくは、「受かりやすいか受かりやすくないか」でしょう。ただし、検索して出てきた情報をちょっと見ただけで判断するのは禁物です。

それはどうしてでしょうか? 

実は、FP試験は種類が複雑に分かれているため、
よくある資格のように「一種類の試験についてだけ情報を収集すればいい」という資格ではありません。

おかげでFPの合格率の情報はかなり錯綜しています。
FPの合格率を調べるときは、自分がどの試験を受けるべきなのかをまず確認して、
それからその試験の合格率のデータを探し出してじっくりと目を通すべきでしょう。


FP試験はまず、「きんざい(金融財政事情研究会)」と「FP協会(日本FP協会)」
の2種類の団体のどちらがやっているのかを確かめるべきです。

それぞれが1級試験から3級試験までをやっていますが、
試験には「学科試験」と「実技試験」があり、同じ日に別々に受ける受験者もたくさんいます。

つまり学科試験と実技試験で別々に合格者が決まり、別々に合格率が計算されているのです。
しかしあいにくと、全部のデータについて細かく説明したサイトはめったにないようです。

そこで、その役目を果たすサイトをこの場につくりました。
今からFP試験に合格して、それを持っていい就職をしたいという人たち向けに、
どの試験を受けたほうがいいのか、その試験の合格率はどうなっているのか、
そしてその合格率をもとにしてどんな勉強方法を選んだらいいのか、なるたけ詳しく説明しようと思います。


FPは、銀行や証券といった金融の業界、
それから金融と業務が重なっている保険や不動産といった業界ではとても重宝がられる
資格です。
これらの世界で働こうと思うなら、FP資格を持っていることはとても有利になります。

これらの世界に飛び込みたい方に、ぜひFP試験の合格率と合格の方法を詳しく知ってほしいと思います。

>>驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密