FP 資格の種類とは

FP 資格について

国家資格と民間資格を一挙に取得!?

ファイナンシャルプランナーの資格と一口で言っても、いくつかの種類が存在しています。

日本におけるFP資格の歴史を紐解くと(と言ってもそれほど古いものではありませんが)、1987年に日本FP協会が認定する民間資格として誕生し、2002年には国家資格ができたのだそう。現在では、試験を行っている機関が『金融財政事情研究会(きんざい)』と『日本FP協会』の2つがあります。

資格自体も国家資格とされている1~3級FP技能士と、民間資格とされているAFP、CFPが並立しているという複雑な状況となっています。

どの資格を受験するを決める前に、まずは資格の概要について勉強してみましょう。

分かりやすくするために、表でまとめてみました。

現在のファイナンシャルプランナー資格

資格 指定機関
国家資格

(厚生労働省が管轄)

・FP技能士(1級~3級) ・金融財政事情研究会

(きんざい)

・日本FP協会

民間資格

(日本FP協会認定)

・AFP(国内ライセンス)・CFP(国際ライセンス) ・日本FP協会

注意事項

FP資格に関する注意事項として、以下の2つのことが挙げられます。

  • きんざいでは、FP技能士の1級から3級までを受検できるが、日本FP協会では1級と2級だけしか受験できない。
  • FP技能士資格は一度取得すると生涯有効となるが、AFPとCFPは、取得後も2年ごとに更新し(継続教育を受けて)、更新料を支払う必要がある。

金融機関への就職に向いている資格は

この種類の中から選んで受験することになりますが、まずは2級FP技能検定を目指して下さい。

何故なら2級FP技能検定に合格できれば研修を受けることを前提に同時にAFPも取得することが出来ます。

AFPは民間資格ではありますが、一般的に2級FP技能検定よりも知名度があると同時に就職する際にも有利になり、仕事をするのに必要な知識を身に付ける事が出来ます。 そして最終的に「CFP」を目指すのも良いかと思います。

なお研修とは、日本FP協会が指定する通学や通信講座を受講し、提案書を作成して、 提出することです。それができれば終了となります。提案書の作成方法も通学や通信講座がわかりやすく説明してくれるので心配ありません。

又2級FP技能検定を受検する際は、3級を合格していることが一つの条件ですが、日本FP協会が認定する通学、通信講座を受講することで、受験資格を得ることが出来ます。 ちなみに認定校の有名なところでは、通信講座NO1フォーサイトやCMのユーキャンなどが上げられます。

ちょっと複雑になっていますが、はじめはAFPを取得することを目指して、そのために 2級FP技能検定を受験するということです。

もちろん3級を取得してから2級を受験する方もたくさんいます。そして出来れば日本FP協会認定の通学、通信を受講して、AFPの研修と同時に2級の受験資格を得て下さい。これがもっともオーソドックスな方法ではないかと思います。

2002年に国家資格のFP技能士が誕生し、民間資格と並立するようになってからも、証券会社や保険会社など、一部の銀行などを除いた金融関係の企業では一般的に、AFP・CFPの資格が有効だと言われています。

それらの企業にお勤めの人や、就職・転職を希望している人は、まずはAFP取得を目標としていくとよいのではないかと思います。

下記にわかりやすいようにまとめましたので、理解できなかった方は確認してみて下さい。

国家資格:FP技能検定1、2、3級

日本FP協会認定の民間資格:AFP、CFP

2級FP技能検定受験資格(下記のどれかに該当する事)

  • 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
  • 3級の技能検定に合格した者
  • 2年以上の実務経験を有する者 AFP資格認定の必須条件(下記の全てを満たしている事)
  • 日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修(合計68単位以上)を受講・修了すること(フォーサイト、ユーキャンなど)
  • 指定試験(1級もしくは2級ファイナンシャル・プランニング技能検定)に合格すること
  • 所定期限内に日本FP協会に登録すること