FP技能士試験とAFP認定研修

2級

「FP技能士試験の勉強とは別にAFP認定研修を受けなければならないのか?」
その質問に答える前に、まずは、AFP認定研修がどのような内容で、どんな基準により修了となるのかを理解しておきましょう。

学習科目

《AFP認定研修の学習課目》 
①FP基礎 
②金融資産運用設計 
③不動産運用設計 
④ライフプランニング・リタイアメントプランニング 
⑤リスクと保険 
⑥タックスプランニング 
⑦相続・事業継承設計

上記7科目を合計68単位以上履修(受講)し、かつ〝研修卒論〟ともいうべき、「(資産設計)提案書」を作成。その内容が協会より60点以上と採点された場合、修了となります。

また、研修修了後、協会へ登録する際にも期限や登録・更新費用が必要となりますので、詳しくは協会サイトを参照下さい

受講講座選択にも注意が必要!

では、冒頭の質問に対して解答します。「そうです」とも「そうではありません」ともいえます。というのも、FP技能士資格とAFP資格は認定する機関も違う、別モノの資格であると前述しました。

ゆえに、FP技能士資格だけを所有している方、またはその逆にAFP資格だけを所有しているという双方が存在しているため、特に資格学校では双方のニーズに応えるべく、AFP認定研修込みの講座とFP技能士試験のみの講座が存在しているということなのです。

このサイトが提案する、〝2級FP技能士とAFP資格の同時取得〟を目指す方は、必ず『AFP認定研修込み』の講座を選択し受講するよう、注意して下さい!

さて、資格は別ものであれ学習内容と範囲はほぼ同様です

ゆえに、『AFP認定研修込み』の講座を受講すれば、それがすなわち2級FP技能士試験に向けた学習内容及び範囲であるということです。また、資格学校と通信講座のいずれかで悩む方も当然いることでしょう。

その選び方、見極め方については後ほど記述しますので、是非、参考にして下さい!