勉強時間の目安

FP試験の合格率を調べていると、勉強時間がどれくらいかかりそうかも自然と知りたくなってくるでしょう。FPの合格率が高いか低いかで、必要な勉強時間も変わりますね。

実はFPの勉強時間は、何もやたらに長くかけることはありません。合格率を見ていると、試験によっては勉強時間が長くなることを覚悟したほうがよさそうに見えてくることもあるでしょうか? しかし、勉強時間をできるだけ短縮して、高速でFP試験に合格することだってできます(時間を無駄にしないいちばんいい方法は、家にいながらプロに教わることができる通信講座を使うことになると考えられます。別のページで、最短時間で勉強するための通信を紹介していますからご覧ください)。

明快に勉強時間を書いていきますと、FPは2級にしても3級にしても、年に数回試験がある以上、勉強時間も数ヶ月で完了させることができるように実はなっているのです(その勉強時間の中身の濃さ、FPの勉強の濃さはもちろん大事ですが)。

まずFP3級の勉強時間ですが、試験間隔(約3~4ヶ月)程度でも合格のチャンスはあるでしょう。
ちなみにこの期間の間ずっと毎日何時間も勉強しろということではありません。
全部で150~200時間くらいはかけるという計算になります。
1日あたり3時間、忙しい日でも30分は何か必ず勉強するようにする計画だったら、誰でも実行しやすいのではないでしょうか。

次にFP2級の勉強時間ですが、こちらはAFPの受講のことも含めないといけません。
早い人であれば4ヶ月かそれ以下で受かるという話もありますが、一般的な受験者の身になって見積もるとするなら、
3級のときの2~3倍くらい、6~10ヶ月、400~600時間くらいはかけるようにしたほうが安全な計画になるのではないでしょうか。
やはり、忙しい日でも1日に30分はかけるようにするべきでしょうし、(休日のような)時間がある日には5時間以上でもかけるようにしたほうがいいでしょう。
そして、試験が近付いてきたらやはり少しずつ勉強時間は増やしていくようにすることも必要になってくるでしょう。

なお、FP2級の場合、AFPもセット取得をするのが当たり前ですから、AFPの提案書作成のために1日で何時間もまとまった勉強時間をつくることも必要になります。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密