通学しにくい人の勉強法

FPで、独学合格を狙うことは、(もう別のページでも書いているように)長い目で見ると時間や努力の無駄になるリスクがたくさんあります。
しかし学校に行くことがつらいという人たちはおおぜいいるでしょう。数ヶ月間だけとはいっても、FPの勉強だけに集中していられる受験者はめったにいないですから。

そこで、独学ほどお金がかからない方法は無理だとしても、独学に負けないくらいの自由さでFPを勉強でき、
独学よりも勉強がうまくできる方法を紹介しましょう。

通信講座でFPの勉強をすることは、学校のように授業に出席を続ける手間が発生しません、かといって、ただひとりで受験勉強に立ち向かうのでもなく、プロの指導陣の世話を受けられるというとても理にかなった勉強法となります。

第一に、通信講座の場合は、学校と比べて授業料が格段に安くなるチャンスがあります。
(ただし、どこでも安くなるとは限りません。学校が通信講座も開いている例では学校の授業とあまり変わらないことも多いです)。
もちろん安ければいいというわけではなく、安い分粗悪な教材を送りつけてくる業者もいますが、よく選べば安い費用で高い質の教材を製作している通信講座が見つかります。

第二に、通信講座は独学と同じように家で勉強できることが長所ですね。
学校に入ると、ずっと通うだけでも時間や体力がいりますが、その点は独学と同じになります。
勉強する時間も原則として独学と同じで好きなように決められます(やはり、通信講座にもカリキュラムがありますから、いつまでに何をしましょうという目安はありますが)。

第三に、通信講座は、独学と違って勉強を教わりながら合格に向かって前進できます。
独学では全部自分で調べないといけませんが、通信講座なら学校並みによくできたカリキュラムで教えてくれます。
現代の通信講座では、CDの音声型の教材、またはDVDのような映像型の教材を作成することが一般的です。CDは持ち歩けますから外出時でも講義のリスニングができますし、DVDを再生すれば、プロの指導を目の前で受けている感覚で勉強していけます。

第四に、「FPの認定教育機関」がやっている通信講座でならFP2級とAFPのダブル合格も実現できます。
これは最初に確認する手間はかかりますが、しかるべき通信を使えば、FP2級の受験勉強もAFPの提案書の作成もいいバランスでやっていくことができます。

FPの通信を使うと、家で独学する人と同じくらい自由に勉強できて、同時に、学校に負けない勉強をできることは多くの合格者が実証しています
上質の通信講座を選んで、FP3級、2級、AFPすべてに手際よく受かる人たちはこれからもあとを絶たないでしょう。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密