就職活動する人向けのFP資格は?

FP資格は種類がややこしいですが、「就職や転職のためにFP資格でもとろうかな」
と思っている人たちにとって、FP資格はある意味では本当に頼もしい資格です。
FP資格の中にはとるまでにすごく時間がかかる種類もありますが、
就職活動でパワーを発揮してくれる種類については、そんなに時間をかけなくても合格することができるからです。

さて、FPはまず1級~3級という区別がありまして、
就職のためにその全部を受ける必要はありませんが、ここで目標にしたほうがいいのはFP2級でしょう。
となると、「2級までを目標にすればいいだろう」と思ってしまうでしょうが、
ここでももう一点忘れないでほしいことがあります。

それは、いっしょにAFPの資格も取得してほしいということです。

国家資格であるFP1級~3級のほかに、民間資格として出発したCFP
(この資格だけ、のちに国際ライセンスに昇格しましたが)とAFPがありますが、
このうちAFPもFP2級とセットで取得することが就職活動前提の受験では大事なのです。

まず順序としては、2級の受験資格を最初から満たしている人たちはまずいないでしょうから
その受験資格を手に入れるため、それとFPの勉強を順序通りに進めていく意味も込めて3級から受けるべきです(3級には受験資格がありませんから)。
3級に受かったら2級の受験勉強をはじめるわけですが、このときにAFPの講習も合わせて準備をするべきです。

AFPの資格をFP2級と一緒に持っている人たちはかなり多くなっています。
(その人たちに負けないように)就職でFPの資格を使いたいのだったら、
2級に受かっていることとAFPも取得していることを堂々と
就職面接の場でPRできるようになっておくべきですね。

ちなみに、AFPは普通のペーパーテスト等を受けて取得する形式ではありません。
講習を受けて、それが修了すると資格が認められるのですが修了するには
しかるべき水準の提案書を作成する必要があります(別のページで説明します)。

「AFPとFP2級の準備を同時にするなんてできない」と感じるかもしれませんが、
今だったら上手に両立させる方法があります。
一部の学校や通信講座では、FPのコースを開くときにAFPの講習についてもレクチャーする許可を受けています
いわゆる「認定学習機関」で勉強すると、FP2級の合格とAFPの修了を同時並行で狙うことができてたいへんに便利です。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密