合格後の求人の探し方

FP試験に合格したら、就職市場で有利な立場で活動したいものですよね。
それならば、どんなところで求人を見つけるのがいいアイデアでしょうか? 

FP合格者を高く評価してくれるような業界といえば、何と言っても金融ですね。
金融とは銀行や証券会社から保険会社まで、それなりに奥が深い世界です。要するに企業研究でもして願書を出す先は、たくさんあるということですね。

それ以外ではどうでしょうか? 金融にまつわる業界なら可能性はけっこうな高さになります。
たとえば不動産業界ですね。不動産の世界ではFPの知識が役に立つチャンスはあちこちに潜んでいます。

また一風変わった見方になるかもしれませんが、会計や財務、経営といった世界(これは「業種」とは呼ばないかもしれませんね)でも求人のチャンスがあるでしょう。

いずれにしても、顧客と折衝するポジションのお仕事が求人の中心となるはずです。FPが、依頼者のために経済計画を立てて提案するために制定された資格であることを思えば、それは当然の結果ですね。

ここでポイントになるのは、コミュニケーションのスキルでしょう。FP資格を活かして就職したいなら、求人に応募したら、面接の際にじゅうぶんなヒューマンスキルを持っていることを適切にアピールするべきでしょう。FPの試験勉強では(AFPでは提案書を作成するプロセスが発生しますが)つい試験問題を解くことばかりに気をとられがちですが、対人能力を磨いてこそその資格が活きるのだということも常々念頭に置いて行動することが大切ではないでしょうか。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密