FP以外の資格にも手を出したら? 

FP試験に受かったら、ほとんどの場合それを活かして就職を、あるいはもう就職している場合ならそれを活かして仕事にいっそうの精進をするのが普通でしょう。FP資格は1級やCFPがあって、1段階ずつ前進していくことができますし。

FPとして頂点に立つまでの道のりもなかなかロングなのですが……キャリアの開拓を狙うために、FPとは違う資格を取得するという方法があります。最近よく耳にする言葉「ダブルライセンス」ですね。

ダブルライセンスをしやすい資格としにくい資格があるのですが、FPがダブルライセンスするとしたら、どうやったらうまくいきそうでしょうか? 

社内での活動にふさわしい資格を厳選する
これは、「社員という立場でのダブルライセンス」ですね。
FPは、勤務型の働き方が主流の資格。それに、実務経験を積むことが技能の開花に大きく影響する資格でもあります。
つまり勤務先での活動の役に立つ資格は、自然と決まってくるでしょう。FPの勤め先といえば、銀行や証券会社、保険会社や不動産会社といったところですから、それらの業種にちなんだ資格を選ぶのが妥当なはず。

※転職を予定するのであれば、その転職先にまつわる資格を選ぶのが基本ですね。

開業後の活動にふさわしい資格を厳選する
これは、「独立型という立場でのダブルライセンス」ですね。
日本のFPはまだなかなかやろうとしないのですが、FPは独立や開業もじゅうぶんにありうる職業です。
FPの資格だけでは物足りないと思う独立希望者が実際にたくさんいることは間違いない真実で、辞表を出す前に何か異なる資格をとろうとするケースは多いのだそうです。

これは、どんな仕事をしていきたいかによって変わりますね。勤務しながらのダブルライセンスと異なり、かなり範囲が広がります。いずれにせよなるべく緻密な計画を立てることがポイント。「開業した結果、その資格ではほとんど稼げなかった」となってしまっては、元も子もないですね。いろいろと調べて、後悔しないチョイスをする必要があります。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密