FP・ファイナンシャル・プランナーが宅建でダブルライセンスに成功するために

宅建でダブルライセンスをするとしたら、その答えはおのずと決まってきますね。宅建は、何しろ土地や建物、家屋等を購入したい人たちを前にして、その契約の内容を解説するために設置された資格です。ということは? FPの知識を生かすのも、その不動産の商取引をする現場という答えが導き出されますね。

宅建の合格者は通常、不動産会社に就職します。それ以外であれば、やはり金融業界等になるでしょうか。いずれにしても、宅建らしい仕事をするなら、不動産の購入希望者のために、商材となる不動産物件のセールスをすることになります。

そんなときにFPのスキルが備わっていると、自然と商談は有利になりますね。何しろ、どんな買い方をすると得をすることになるのか、専門的にアドバイスしてあげることができます。不動産といえば住宅ローンがつきものですが、その際に損をしない組み方をわかりやすくシミュレーションすることだって、FPだったらたやすいことです! 

※マンションや戸建て住宅のモデルルーム・モデルハウスに行くと、宅建を取得している社員のほかに、提携しているFPがときどき返済計画の相談に乗っている風景がよく目撃されます。FPと宅建のダブルライセンスをするなら、これらの役割をひとりで賄えてしまうのです。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密