FP(ファイナンシャル・プランナー)が中小企業診断士でダブルライセンスに成功するために

FPは、一般の市民の財政面でのプランニングをするためにつくられた資格です。あまり企業・法人のためのプランニングをする資格だとは思われていないでしょう。

それにひきかえ、中小企業診断士は企業のために働く職業です。これではあまり接点がないように見えるかもしれません。しかし財政面でのコンサルティングをするという点ではじゅうぶんに共通しています。この点をもっと深く掘り下げることが、FPと中小企業診断士のダブルライセンスのチャンスにつながるはずです。

最近は、個人向けのアドバイザー業務と別個に、中小企業の顧客を意識して抱える独立型FPも一部に登場しています。「中小企業」の幅も広いのですが、中小企業よりさらに小規模な零細企業の代表向けのコンサル業務をすることも考えられます。また企業の代表や幹部・役員といった相手に対しては、企業全体での相談事とは別に個人的なプランニングの依頼をとることもできるでしょう。それに個人事業主向けにFPとしてプランニングをする場合は、いずれはその事業主が企業設立をすることもありえます。そのときに、会社全体の顧問中小企業診断士となるチャンスがやってきそうです。

このほか、事業承継といった分野で活躍することも考えられます。この分野では税理士のような他の資格の出番も多いのですが、中小企業診断士とFPの資格を両方持っているなら、かなりの提案が可能となります。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密