FP(ファイナンシャル・プランナー)が税理士でダブルライセンスに成功するために

FPの仕事では、税金・税務はつきものです。しかし税務といえば、なんといっても税理士の独占業務。

この2種類の資格は、違ったカテゴライズを受けていますし普段はあまり一緒に語られることはありません。しかしダブルライセンスがもしできるようなら、いろいろな使い道が見つかります。実際に、FP資格を持っている現役税理士はたくさんいて、全然珍しい存在ではないのだそうですね。

ところで税理士の現状を振り返ってみましょう。税理士は勤務型と開業型で変わりますが、開業型の場合は、中小企業等を相手に税務全般を行うわけです。あるいは、個人向けに相続や贈与といった税務の相談に乗るケースも多いです。

実は企業向けの税理士事務所でも、ただ決算等をするだけではなく、プラスアルファの業務(たとえば、銀行からの融資の方法であったり、節税上・経営上のアドバイスをしたり~、といったケースが顕著になっているようです。

以上の状況を踏まえると、FPと税理士の相性はとんでもなくよことがわかってきますね。企業の節税に関する提案や、個人向けに資産の運用方法を提案するお仕事が思い浮かばないでしょうか? 
また相続や贈与といえば、顧客は損をしたくないという願いをもって相談にやってくるのです。FPの知識があれば、損をしない方法・得をする方法を多角的な視点から研究できるはずです。税理士の資格は、そう簡単にとれる難易度ではありませんが、本気で勉強に没頭するなら将来はおおいに報われることでしょう。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密