FP試験の合格基準、合格点

FP試験には合格基準がありますから、今から受ける人たちはそれをどうやったら確実に越えられるのかを思案しないといけません。
FPの合格基準は合格率とかなり深い関係があります。これから受験する人たちはよくチェックしておきたいところでしょう。

FPの合格基準は、2級と3級でほぼ法則は共通しています

まずFP3級の合格基準ですが、まず学科試験については(きんざいで受けてもFP協会で受けても)60点満点中36点で合格できます。
実技試験はきんざいとFP協会とで科目が違います。
きんざいで受ける場合はどちらの科目を選んでも50点満点中30点で合格できます。
いっぽう、FP協会で受けた場合は、100点満点中60点で合格できます。

次にFP2級のほうの合格基準を説明しましょう。
学科試験はやはり、きんざいでもFP協会でも合格基準は共通していて、60点満点中36点で合格できます。
実技試験はやはり、きんざいとFP協会で科目が違いますから合格基準も点数が変わります。
きんざいの実技試験は、4科目に分かれていますが、いずれも合格基準は50点満点中30点ですね。
いっぽう、FP教会では合格基準は60点満点中36点で合格できるという仕組みになっています。

もともと試験問題の数も違いますから配点も変わってしまいますし、合格基準となる得点数が試験ごとに変化することも当然なのですが、 ここで大きな共通点があることはカンのいい人ならわかったことでしょう。
つまり、FP試験は2級でも3級でも、学科試験でも実技試験でも、きんざい実施でもFP協会実施でも、とにかく合格基準は全体の60%だということです。

とにかく60%の正解を出したら合格させてもらえるのです。
これはFP試験の合格は自力本願であるということを端的に表しています。

資格の試験の中には、相対評価になっている種類もあります。これは、受験者の中で一定の割合で合格者が決められるシステムで、受験者全体の出来がいいか悪いかで合格不合格を分ける点数も上下してしまいます。
しかしFP試験の場合、合格基準は60%と固定されています。
周囲の受験者との競争は発生しませんから、ひたすら自分が60%以上の正解を出すだけでOKなのです。

見方を変えると、試験主催者が合格人数を減らしたい場合は試験問題を難しくして60%の正解を出す受験者が減るように操作する(その逆もありえます)ことも考えられます。もっとも(別のページで各試験の合格率を検証するときにも
書いていますが)それほど大きな変動が最近目につくわけではないですから、極端に問題が難しくされることは気にせず、着実に60%以上正解することを目指してほしいと思います。


>> 驚異の合格率を実現する勉強方法の秘密